名古屋・中部圏 住みたい街ランキング

2017年 名古屋・中部圏の住みたい街ランキング

HOME’S住みたい街ランキング
http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00113/
住みたい街ランキング2017
名古屋・中部圏のデータを一部抜粋して解説します。

買って住みたいランキング(HOME’S発表)
1位:一社
2位:丸の内
3位:藤ヶ丘
4位:中村区役所
5位:岡崎
6位:尾張一宮
7位:鶴舞
8位:桜山
9位:東岡崎
10位:星ケ丘

丸の内

なんと!「丸の内」が2位にランクインしました。
当社のオフィスも丸の内にあります。
これまで「丸の内」は名古屋有数のビジネス街として発展してきました。
2008年のリーマンショック後から、オフィスの供給過多により空室率が増加の傾向がありましたが、その後、オフィスビル用地の取引が目立っていたこのエリアでも、徐々に新築マンションの供給が増えてきました。
名古屋の中心部でありながら環境がよいため、丸の内から東区泉エリアを一体としたあこがれの居住エリアとなっています。
オフィスもマンションも好調のようですね。

尾張一宮

最近一宮市の取引の話をよく聞きます。
名古屋駅から電車で10分。岐阜と一宮を結ぶ新濃尾大橋の開通&道路整備の計画が進んでおり、電車移動も車移動も便利なエリアです。
南北への道路事情もよく、名古屋港~名古屋~一宮~岐阜を結ぶ物流関係も注目です。

中村区役所

これは名古屋駅周辺の盛り上がりによるものでしょう。
今後もニーズが増えてくるのではないでしょうか。
ランキングには入っていませんが、名古屋駅の北側に位置する、西区菊井エリアも注目していきたいです。
「買って住みたい」ランキングと
「借りて住みたい」ランキングを比較してみるといろんな思惑が見えて興味深いですね。

©2018 CHUO BUILDING TRUST CO LTD ALL RIGHTS RESERVED

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?